top of page

「歩くのが楽になってきた!」 施設リハビリの効果(約1年の変化)

2024年5月8日


デイサービスセンター「とてっぽの丘るくる」です。


・「歩くのが楽になってきたね」

・「からだが伸びてきたよ」

・「また来週もよろしく」


いつも穏やかで前向きにリハビリに取り組まれている方です。


約1年前は「最近は歩いていないから…」と自信がない様子でした。


歩くリハビリと自主トレーニングを続け、少しずつ自信がついてきました。

今回は、約1年間の変化をご紹介します!




【平行棒内歩行/約1年前】



約1年前の歩行になります。


左大腿骨の骨折歴があり、歩くことは難しい状況でした。


「久しぶりに歩く」ということで、不安も強い様子でした。


リハビリでは、安心安全に最高機能を評価することが大切です。


【歩きの特徴】

・左股関節伸展の弱さ

・体幹の右側屈

・両上肢の代償性過活動


弱い筋肉の働きをサポートし、安全な環境で歩く感覚を経験してもらいます。


歩くときに、左下肢の伸びる力を高めることは、リハビリのポイントになります。



【施設スタッフと自主トレーニング】



施設スタッフとの連携は大切です。


リハビリでできたことを共有し、自主トレーニングへつなげていきます。


動画は、立ち上がり・立位保持の練習をしています。


半年くらい前から、自主トレーニングを開始し、今では習慣化しています。



歩行器歩行【最近】



約1年かけて、一部介助での歩行器歩行が可能となりました。


少ないサポートで左下肢の伸びる力を発揮できるようになっています。


次は、見守りで歩行器歩行ができることを目標共有し、リハビリを続けています。






まとめ

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ケアタウンとてっぽの丘るくるでは、


個別リハビリ

歩行補助具等の調整

自主トレーニングの提案


によって、個別性に合わせた質の高いケアを追求しています。

リハビリ専門職と施設スタッフが連携し、いつまでも健康で楽しく生活できるようサポートしています。



以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございまし



お問合せ先

デイサービスセンター とてっぽの丘るくる

無料体験・施設見学の希望等、お気軽にご相談ください。

電話番号:0155-25-4165(担当:藤田)


Comments


bottom of page